早稲田大学宝塚歌劇を愛する会。会員が日々の活動などをご報告します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は新宿コマで行われているウィーン版エリザベートの総見の様子をお伝えします。



運良くチケットが手に入ったので、急遽5月某日に早宝会有志でウィーン版エリザベートを観劇しました。なんと10枚ほどの連番で、現役・OG含め早宝会員がずらり!!



ウィーン版エリザベートですが、もうもうもう、これは皆様是非是非ご覧になったほうが良いですよ!!



歌が上手いだとか、技術的なものはもちろん見所なのですが、何よりエリザベートという作品自体の解釈をより深めることができて、宝塚版との違いの意味を考えるととても興味深いです。



宝塚のような番手の枠にとらわれず(宝塚のシステムは宝塚で素晴らしいですが)、物語のメッセージが直に伝わってきます。詳しくはもう劇場に是非みなさま訪れて、目で、耳で、味わってください。



劇場で近くに和涼華さんを発見し、ジェンヌさんも観にいらしているんだなーとテンションがあがりました(笑)



その後は初めてお会いしたOG・OBの方々とヅカカラオケへGO!! もうすんばらしく濃い楽しいひと時でした。当時のペンネームでは「めし」さん、「ねこ」さん、「八の字」さんです。



男性なのに「私だけに」を完璧に美しい高音で歌いあげたり、「国境のない地図」や「まことの愛」が麻路さきさんに身震いするほど似ていたり、現在もかの某元トップ様を崇拝していたりと、みなさんそれぞれにとても濃ゆく素晴らしい先輩方でした!



もちろん、皆さんカラオケが上手くて、立って歌うのがあたりまえなほど熱い!!(笑)

思わず現役生ものせられて立ってしまう場面もありましたw



ヅカソングのなかでも91~94年頃のもので盛り上がったのですが、現役生もCS放送等でその時代の作品ももちろんチェックしているので、世代の差も問題なく古今東西のヅカソングをみんなで熱唱したのです♪ 「花夢幻」から「言いたくて、言えなくて」まで…軽く10年を越す幅がありますが、歌いきりました!



嗚呼、本当に楽しかったです。先輩方、ありがとうございました。



またこんな機会があれば、ご報告いたしますね☆

スポンサーサイト
// ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。