早稲田大学宝塚歌劇を愛する会。会員が日々の活動などをご報告します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさまこんばんは! ご機嫌いかがですか?

我々早宝会員は、辛く厳しいレポート&試験期間を乗り切り、しばしの解放感にひたっております。

けれど、早宝会員の真の仕事はこれから。そう、『夢の花束』72号が始動するのです!

今回の号は毎年の事ながら、最も締切までの期間が短い強行軍。しかも今回は信じられないほど濃い内容となりますので、我々の負担も激増……

しかしこんなときだからこそ、あふれ出る宝塚への愛で突き進みたいと思います! みなさま、楽しみにお待ちくださいませ☆



さて、話は変わりまして。

最近ますますテレビや映画などのメディアで活躍している宝塚OGの方々。

映画『感染列島』でヒロインを演じる檀れいさんはもちろん、結婚が発表された女優の愛華みれさん、真矢みきさん(お二方おめでとうございます!)や、NHK「リトル・チャロ」でチャロの声を演じられている純名りささんなど、数え出したらきりがありませんが……

シアタークリエ公演『スーザンを探して』にも、OGの方々が出演していらっしゃいます。

真琴つばささんと香寿たつきさんのスーザン役替わり公演ですが、今回は真琴さんのスーザンでした。

ロックミュージカルということで、聞き覚えのあるメロディや激しいダンスが特徴的のパワフルな舞台。ハリウッド映画のロンドン版ミュージカルリメイクを再演、という英米を股にかけた経歴を持つだけはあります。

演者の方々はいずれも個性的で実力派揃い。特に悪役・アレックス役のコング桑田さんが! 本当に! 素晴らしくて感動しました。

個人的には馬場徹さんのティナも大好きでしたが、それはともかく。

マミさんですよ。

自由奔放で男好き、他人の物でも気に入れば自分の物にしてしまい、その場の勢いで生きていく……そんな不思議な魅力を持つスーザンを演じたマミさん、ナンパされた男性より……背が高い(笑)

下着スレスレの衣裳になったり、ミニスカハイヒールだったり、と女性フェロモンむんむんの筈なのになぜか……男らしい(笑)

途中からはもはや性別を超越した存在に見えてきてしまい、肉感的な女性の筈なのになぜか透明性すら感じてしまいました。マミさんならではの魅力でしょうか。

ほとんど絡みはありませんでしたが、主人公スーザンの義姉・レスリー役の杜けあきさんとのやり取りも印象的でした。レスリーはザ・日常生活の代表者、一方のスーザンマミさんはザ・非日常生活の代表者。対照的なふたりが同じ舞台にいることが面白い。

本当に楽しい公演でした。マミさんの色んな姿を楽しめること、請け合いです!
スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。