早稲田大学宝塚歌劇を愛する会。会員が日々の活動などをご報告します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の夏は、何年だか何十年だかに一度の異常気象だそうですね。私の住む地域では、気温も例年に比べて上がらず、ただもうじめじめしておりました。





この夏休みはじまって以降、私は日々バイト(飲食店)にいそしんでいるのですが、最近は大変です。なぜなら頭の中を、『エリザベート~愛と死の輪舞~』の曲たちが駆けめぐっているから!



もともと『エリザベート』が大好きな上に、月組公演を観てきた後なのでひどいのです。さらに曲が流れると脳内のス○イステージが自動で映像も流してくれるので、ますます大変です。



不思議なことに仕事中、暇なときと忙しいときとでは流れる曲も違っているので、なんとなく忙しさのバロメーターになってしまっています(どうやら忙しいときに流れる曲は決まっているようです)。





頭からある曲が離れなくなるというのはよくあることとはいえ、おかげで毎日トート閣下にお出まし頂くという、なんとも恐れ多いことになってしまいました。トート閣下、お疲れ様です。







でもそうやってヅカ的要素に触れ合いながら楽しく生活できるというのは幸せですし、ここまで強い「舞台」というものの力も、改めて確認しました。やっぱり「生」だわ!と、夏のお父さんのような発言をしたりしております。





仕事のバロメーターと活力をありがとうと日々感謝している、私の脳内レポートでした。

スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。